1. 排卵誘発剤は通販購入できる医薬品|妊活情報   >  
  2. なぜ不妊症に?

なぜ不妊症に?

不妊症は「子供を望む夫婦が避妊をせず性行為をし、1年以上妊娠の傾向がない」事を指します。

健康な夫婦であれば1年以内に妊娠する確率は90%、2年以内で100%のカップルが妊娠に至ると言います。

不妊症の原因は男女ともに可能性があるものです。妊娠の傾向が1年以上なければ夫婦そろって病院を受診する事が望ましいでしょう。

不妊症の原因は複雑で、理由がおおよそ特定できる人もいれば、健康上全く問題は無いにも関わらず妊娠しづらい人もいます。不妊症のきっかけとなる要因を挙げていきたいと思います。

女性の場合

  • 卵管因子
  • 卵管は排卵された卵子や受精卵を運び込む役割があります。卵管がなんらかの理由により癒着していたり炎症、水腫、先天異常などにより通りが悪くなれば精子が受精できない、受精卵が子宮へ移動できないなどの不都合が生じます。

  • 排卵因子
  • 卵子が充分に育たない、排卵が難しい場合妊娠がしにくくなります。

  • 頸菅因子
  • 子宮頸菅粘液は精子を子宮へ送る役割がありますが、粘液の状態によっては精子が子宮に侵入しにくい環境を作ってしまいます。

  • 子宮因子
  • 受精卵が子宮に着床しなければ妊娠成立しません。子宮内膜炎や筋腫、黄体機能不全など子宮に何らかの異常が生じる事で着床がしづらくなります。

    男性の場合

    男性の不妊症の原因として多いのが造精機能障害です。

  • 精液の中に精子がいない
  • 精子の数が少ない
  • 精子の運動率が低い
  • などの症状があり、なかには精子がうまく作られない精策静脈瘤という病気が潜んでいる場合があります。

    不妊の女性要因、男性要因は半々と言われています。不妊治療には身体的、精神的、系税的負担がかかるものですが、授かる事が出来たら喜びもきっと大きい事でしょう。

    不妊治療はパートナーと二人三脚で互いに協力しあって行う事がとても大切です。